スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セット

トラウトか・・・ロックフィッシュか・・・
色々悩んだけど今週の休みはヘラブナに決定!

ishiさん、しまじろうと一緒に旭川の富沢池に行った。
この池は現地の有志の人達の手で整備され、ヘラブナが放流されている道北では一番魚影の濃い釣り場なんだけど・・・いかんせん難しい。
多分、食い渋りによる時合の変化などの難しさは北海道で一番なんじゃないかな?
でもそこがヘラブナ釣りの面白さ。

今日は渋りを予想してウドンセット。

タックル
竿:一撃9尺
浮き:自作 中細パイプトップ7cm、ボディ4.8mm径5cmカーボン足6cm
道糸:将鱗0.6号
ハリス:ネオステージ 上0.4下0.3(5/30)
ハリ:上D-MAXマルチ5号、下関スレ3号

今日の課題は下針のハリスの長さで調節するのではなく、練習のため下ハリス固定でバラケ餌の調節でアタリを出していく事。

最初のバラケは
ペレ匠顆粒60+水120+速攻カッツケ240+華々60+軽グル60
軽めでふわっとした感じ。

開始直後は浮きが馴染んで1メモリ戻した辺りでさわってすぐにアタル。
朝のサービスタイムも重なってイージーな感じ。
それから3人ならんでの10匹早掛け対決を開始して3人で真剣に餌を打ち始めるとこの池特有の渋りが襲ってきた!

バラケが抜けるちょっと前くらいにサワリが出るもののすぐシーンとなりアタリまで繋がらない。
隣で下針35cmで固定していたしまじろうはいい感じでサワリ&アタリが連動している・・型もいい!
餌が違うから一概には言えないけど、ハリスの長さか?

想像以上に渋いのでバラケに軽グルを加えて持たせる方向に振ったら反応が復活してきた。
バラケは付いてないとダメ?
と言うかクワセだけで待てば当るのは分かってるんだけど、それでは渋りの練習の意味がない!
連動させて簡単なアタリで釣りたい。

次にバラケの調整を2種類に分ける。
1つは麩材を追加して圧を強くかけた硬くて持つ餌。
2つ目は更に粘る素材を追加したヤワネバ。

この日はヤワネバの餌の方が反応がよかったけど・・・・。
時合が弱いね(汗)
結局最後はしまじろうの逃げ切り。

いんやぁ~ ハリス長かバラケか?
両方調節して釣って行く方が難しいかと思ってたけど、片方だけいじって合わせていくのはもっと難しいね。

勉強になった一日。


そして今日は自分の竿に新しい仲間が!
ダイワ 飛燕峰21尺
手持ちでは最長の竿。

こんなの持ったら・・・大沼とか、茨戸とか・・行きたいなぁ。
そーいえば大沼行ってたstrixさん釣れたのかな?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

土曜日はお疲れ様!
下ハリス固定は結構しんどいしょ~
椎の木湖はどの位難解なのかちょっと楽しみだよ。
顆粒に頼りきりの釣りじゃ、その上は目指せないみたいだね。
新しい仲間の1発目はきっちりヘラ掛けてよ(笑)

飛燕峰!

またいい竿買いましたなぁ!ワタクシは短尺オタクなので短いのしか持っていない。。。6、8×3本、9、13。あっ!実家に15,16あったなぁ。昔の竿。送ってもらうかな!まぁ清田メインなので短尺で通用してるんだけど野池に行けば別なんだろうね。

ishiさん

下っ針の固定はしんどいですねぇ。
時合の変化についていけない・・。
あれを覚えた上で本当に必要なハリスの長さの変更ってのを覚えていければ武器になりそうかな?って思ってます。
それが基本なのかも知れないけど・・・・。
しまじろうもウドン張り切ってるので負けないように頑張りますわ!

シュガーさん
高い竿ですよ・・・・まともにはどう転んでも買えないですね。
僕も短竿大好きですよ!
8尺9尺はもう一本ずつあってもいいかも♪
次に欲しいのは柔らかい8尺ですかね?
一撃は張りが強いので次はとことん柔らかい竿かなって?
一天あたり狙ってます(笑)
FC2カウンター
プロフィール

まさき

Author:まさき
12歳の頃、父親からルアーフィッシングを教わり現在はジャンルを問わずいろいろな釣りにチャレンジしています。
魚種は問わず釣れればなんでも楽しい性格なので手段は択びません(笑)
色んな釣りに挑戦中です。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。