スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜も!

ちょっと所用で忙しかったんですが、また再開です。
日曜日は僕にヘラブナを教えてくれたTさんからお誘いをもらってしまじろうとともに地蔵池へ。
現地でFさんと合流してスタートです。

前回は師匠と縛りの釣りをしてお勉強だったので今日は色んな事をしてみます。
まずは浅ダナのウドンセット下手クソなりに一番得意なやつです(笑)
最初は沈みバラケ240+速攻カッツケ240+水120+ペレ匠粉末60
今勉強中の粒抜きのバラケ。
ダイワのヘラカタログで浜田優さんが紹介していた餌なんだけど、まだ自分にはうまく使いこなせない・・・。
開きを抑えるのにベストタッチを混ぜたりして調整するんですが安定した時合を作るにはまだまだ勉強が必要なようです。

次は粒入りでやってみる。
ペレ匠顆粒120+水240+若武者240+ペレ匠ダンゴ240+華々120
これもダイワの冊子で岡崎一誠さんが紹介してたやつ。
ちょっと前までは自分の考えでバラケを試行錯誤してたんだけど、最近ふっと基本と言うものが頭をよぎってプロの餌を作ってみてます。
これからそのタッチを核にして自分の中で試行錯誤になる予定。
今度の餌はまとまりの良いボソタッチ。
大きめに餌付けして沈没後の水中アタリとそこからチョイ戻しの消しこみをとっていく。
この餌は少し理解してきたらしく、軽グルと粉末を使った微調整だけで簡単に時合を作れた。なんと時間32枚。
前回の師匠との修行の成果が少しづつ出てきたのかも(笑)
ウドンも今回は本格派わらびうどん+水120で野本の安定液に20分。
重たくしてきたのが良かったのかもしれない。

次は底釣り。
しばらく前に自分で底浮子を作ったんだけど出番がなく使ってみたくて底釣りに。
餌は前々から気になっていた真底をFさんからもらい標準作りで。
さて、ウルトラバイトアルファフェロモン?だっけな?の効果はいかに??
3号の針が隠れるくらいの大きさで餌付けして1投目。
おとなしく馴染んで直後に消しこみ・・・・
底釣りは餌落ちメモリが出てからが勝負!っと教えられていたので無視してずーっと待つ・・・上がってこない渋々上げてみると2匹ついてるし。
それから数10分・・・ずーっとこんな感じの浮子の動き。
沢山釣れるけど、底釣りではない・・・つまらない(苦笑)
魚の活性が異常なのか餌の効果か?わからないけど底釣りは早々に切り上げ。

最後は両ダンゴ。
今度もダイワの冊子の餌。弘月の作者で有名な野老山さんの餌。
ペレ匠顆粒60+ペレ匠ダンゴ240+水120+浅ダナダンゴ120.
?? すごい餌。
タッチで言うとゴリネバ?書いてある通りに作ったらペレ匠の硬い粒子がゴリゴリしてそれを2つのダンゴ餌で繋いであるようなそんなタッチ。
正直釣れる気がしなかった・・・。

だけど、餌を打ってその考えが変わる。
振り切りでトップ付け根でもまれ、そこからウケながら馴染んでトップ2メモリくらいのところから一気に消しこみ(汗)
そんな理想的な動きでずーっと釣れる・・・。
顆粒が入ってるから上ずりを抑えながらも寄りは十分。
程よく芯残りで凄くいい感じだった。プロってすげぇなと思った瞬間でした。

今日は浅7時半くらいから17:30くらいまで、10時間くらいやって150枚くらい。
途中遊んでたから時間15枚も満足で今日の釣りは終わり!
Tさん連れてきてくれてありがとうございました。

タックル
竿:一撃8尺→底の時だけ9尺
道糸:0.6
ハリス:0.4(ウドン6/25)(底30/37)(両ダンゴ15/23)
ハリ:D-MAX4号5号、関スレ3号

浮子
ウドン:師匠作ボディ4.5cmくらい?
底:自作 カヤ4.5π ボディ9cm、竹足4cm、細パイプ9cm
両ダンゴ:自作 カヤ5.3π ボディ5cm、カーボン足6cm、中太パイプ7cm







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

えさ!

MASAKIくん勉強してるなぁ。僕なんか「マッシュ適当+藻べら適当+水適当」だよ!(笑)

さとうさん
僕もバリバリの野釣りではそんなもんですよ(笑)
マッシュ硬めに作って適当にコネコネしてたら釣れますよね♪
FC2カウンター
プロフィール

まさき

Author:まさき
12歳の頃、父親からルアーフィッシングを教わり現在はジャンルを問わずいろいろな釣りにチャレンジしています。
魚種は問わず釣れればなんでも楽しい性格なので手段は択びません(笑)
色んな釣りに挑戦中です。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。