スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッシングクラブ匠会 第一例会

日曜日
今日は前々から予定していたフィッシングクラブ匠会の例会。

レギュレーションは枚数×200gでの計算で重量勝負!
午前7時開始!

自分のタックルは
竿:一撃MIZUKIRI9尺
浮子:幸誠9番
道糸:0.6号
ハリス:0.3号(6/40)
針:上D-MAX5号下クワセヒネリ3号

バラケ:ペレ匠顆粒120+水240+若武者240+ペレ匠ダンゴ240+華々120
クワセ:本格派わらびうどん 1分包+水130


まずは教科書通り深ナジミさせて抜けてからの消しこみで釣っていく。
でも寄り始めで数枚釣れただけでパッタリ・・・。
その後バラケを早めに抜いてやってみるも、また数匹釣れてパッタリ・・・。

他の人たちは順調に枚数をかさねていて開始から2時間程度で30枚近い遅れ。
正直いって致命傷。


このままじゃダメ・・・でも他の人は自分と変わらないセッティングのはずなんだけどなぁ。
自分も浮子は動いてる!でも消しこんでカラツンになる。
悩んでいてもしょうがないので仕掛けを思い切ってライトに。

変更箇所は↓
ハリス:上→0.2号、下→0.15号
ハリ:上→サラ4号、下→関スレ1号
浮子:自作カヤボディ4cmの中細パイプトップ
バラケ:ペレ匠顆粒120+水240+鬼武者120+若武者120+速攻かっつけ240+華々120

これを手水で柔らかくして軽グルでまとめた。餌の大きさは直径1.5cmくらい。

理由は消しこみのカラツン糸ズレではないと仮定してより吸い込みやすくするためにハリスを0.3号→0.15号に針も3号→1号、バラケは早めに抜いていきたかったので上針も4号に落とした。
浮子はバラケが抜けた直後のサワリを重視したかったのでトップの細いものに変更。
バラケは最初のが塊感が強すぎて魚が下ずって時合ができないと仮定してサラサラっと開いて棚で完全に砕けるように変えたつもり。

餌落ちはウドンをつけて2メモリ出しでトップにバラケの負荷が掛かったらすぐ抜けるような感じで餌付け。

この作戦でこの日始めて時合ができた!
時間20枚!いいペースになってきたところで次の問題。
あまりに追いかけ過ぎて上ずって時合落ちしてしまったのでペレ匠粉末を絡めてより縦に抜けるようにして時合復活!
トップを独走しているishiさんを追いかける。

結果は・・・・・・・2位。
65枚で参考重量13キロ。最後の2時間で40枚近く釣り込んでなんとここの位置にこれた。
トップは84枚だった。
最初の穴が最後まで埋められなかった。

なかなか勝てないなぁ~

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした!

最後の2時間はいい時合作ったね!
刺激されたよ(笑)
この時期の北海道でカラに悩まされるなんて贅沢だよね。
地蔵池は最強、次回が楽しみだね。

MASAKIくんどーも!いい釣りしてますねっ!いつか長野で修行してオブ参加しますよ!
FC2カウンター
プロフィール

まさき

Author:まさき
12歳の頃、父親からルアーフィッシングを教わり現在はジャンルを問わずいろいろな釣りにチャレンジしています。
魚種は問わず釣れればなんでも楽しい性格なので手段は択びません(笑)
色んな釣りに挑戦中です。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。