スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シードライバー!

先日、出来立てホヤホヤのロッドが届いた。

今期新しく発売されたアブガルシアのシーバスロッド。
シードライバー

シードライバー グリップ


シードライバー
写真の2本は左からSDS-96M、SDC-70M

両方とも持ち重りがすくなく非常に軽く感じるロッド。
自分は夏に道東で96Mを使ってみたんだけど、バッドがしっかりしていてタイド175くらいのミノーなら楽にキャストできる。
96というクラスのロッドにしたらパワーがある方の部類に位置すると思う。
ジャークしてもベリーがもたれすぎないのでジグのジャーク&フォールにも対応する。

今年の島牧はコレ使ってみます。

んでこのロッドで一番気に入ってるのがグリップデザイン。
実際に持って触ってみてもらうと分かるんだけど、リールシートのすぐしたの凹み。
ホールド感抜群です。
特に細かくアクションつける人にはオススメですね。

さて、初ウミアメはいつにしようかな?
スポンサーサイト

冬の釣り

今回はしまじろう、ishiさんと一緒に苫小牧の地蔵池。
でも、池についてビックリ?

全面凍結じゃん(汗)

とりあえず地元の人は氷を割って釣りをしようとしているので自分達も道具を借りて釣り場を作りスタート!
3人並んで9尺程度の竿を振れるスペースを作るのはけっこう大変。。。
hera

こう見ると薄い氷に見えるんだけど、これが割れないんだ(苦笑)

準備を終え釣り支度。
これだけ冷え込んでるし、バチャバチャ氷割ったし・・・段底からスタート!
竿:一撃9尺
浮子:自作PCムクトップ15cm、カヤボディ6.2mm径7cm、カーボン足7cm
道糸:メガステージ0.6号
ハリス:スペクトロンへら0.3号
ハリ:上D-MAX5号 下クワセヒネリ2号

バラケ:ペレ匠デカ粒0.5+ペレ匠顆粒0.5+底釣りダンゴ0.5+水2+鬼武者2+若武者1+沈みバラケ1
クワセ:野本黄ウドン1分封+水150

エサを打ってすぐ触る・・・・けど
1時間・・・・・・・そして2時間
サワリはあれどもアタらない。

エサ重過ぎるんかね?っと思いバラケチェンジ!
ペレ匠デカ粒0.5+ペレ匠顆粒0.5+水2+鬼武者2+ペレ匠ダンゴ2+沈みバラケ1
今度は少し軽め。

したら今度は糸ズレが多少増えた(苦笑)
強制的にスイッチを入れてやろうとペレ匠デカ粒を戻した物をさしていく。
どんどん足す! そしたらサワリが強くなってアタリがもらえ釣れるようになってきた。

隣で釣ってるしまじろうの時合と比べると明らかに弱い時合だけど、なんとか成立させる事ができてきたので満足♪♪

最後はメーターセットでポチポチ拾って15枚くらいだったかな?
冬のつりだね・・。

何故?

最近、
「へらにはまってるねぇ!」
って良く言われる。

まぁ、へらぶなの釣行が増えているのは紛れもない事実。
休みも減ってきて、道具さえ揃えてしまえば案外手軽な釣りだったりする。
場所をさほど選ばなくても楽しめるし♪

んで、なんでヘラなのか?
自分は今まで十数年釣りをしてきたけど、ヘラは今まであまり考えなかった細かいところまで考え、意識して釣りをしなければ思い通りにはいかない・・ってとこが自分的にはツボ。

たとえば、
・今魚はどんな物に一番興味を示しているのか?
・何処のエサを意識してフィーディングに入っているのか?
ここまではルアーでも考えますよね。

でも、
・なんで魚はその方向のものに強い興味を示すのか?
・中でもデカイ魚、食い気のある魚はどんなエサを食べるのか?

更に(底を意識しているとして)
・なんで下を向いているのか? 気温なのか、魚の密度なのか、それとも食い渋りの影響か?
この辺りまでも考えるルアーマンなら考えますかね?

でも
・その魚は自分が釣りをした事によって下を向いてしまったのか?
・人為的な力で上から落ちてくるエサを意識させることはできるのか?

そして、
・どうやったら自分の釣りたい所をフィーディングゾーンにしてくれるのか?
ここまで来るとルアーでは難しい範囲になってきますね。

そんな事がある程度意図的に動かすことができるのがこの釣りの面白さかな?
なんて思います。

自分的に、これらの事はルアーフィッシングでも十分活用されていて、今までよりも更に細かい釣りの組み立てをするようになったかな?
魚に合わせていく事が多いロックフィッシュの釣りでは更に生きてきて沢山の魚を釣れるようになってきた気がしてます。

どんな釣りでも共通点があって勉強になるって事を今更ながら感じる。
個人的な考えだけど、同じ釣りばっかりやってたら何度も壁にぶつかるけど、他の釣りから得られるものを活用して釣りをしていけばもっともっと楽しくなるんじゃないかな?
次はどんな釣りをやってみようか?

アメマス、サクラマスのフカセ釣りなんか興味ある(笑)
きっと新しい事実が・・・・


新しい浮子!

今日、自分の浮子ケースに新しい浮子が入った。

幸誠9~12番 優パイプトップ11番~13番
uki
左茶色いグラデーションが「優」
右のピンクのグラデーションが幸誠

優はダイワのフィールドテスターで有名な浜田 優氏のプロデュース
幸誠もダイワのフィールドテスター池澤 幸誠氏がプロデュース
二人とも自分がヘラブナをやる上で目標と言うか、憧れ的な存在の二人。

だからどうしても手に入れたかったんだけど、値段と手に入り辛いという点からなかなか手に入れる事ができなかったんだけど今日譲っていただいた。

所有する満足もさながら早く使ってみたい(笑)
とくに幸誠は自分がメインにしている大き目のボソバラケに対応してくれる非常に心強い武器!
カヤ浮子と違って正円に近い断面ではないので面積が少ない分オモリは背負ってくれないけど、肩が張った羽浮子特有な形はバラケを支える力は抜群。
自分で作る浮子ではなかなか難しい部分を補ってくれるのでいい感じ♪♪


そして自分が今作っているのが、
uki2
この7本
左から4本がこれからの時期活躍してくれる予定の段底用。
ボディは9センチから1?刻みで12cmまで。
ツチノコボディにしてバラケを背負い上がりの力も確保できればなぁっと思って。

左の3本はチョウチンウドンセット用。
これもこれからの時期、出番は増える予定。
最近、パイプトップのチョウチンに手ごたえを掴んできたような気がするのに何故PCムクで作ったのかは自分でもわからない(汗)
でも、これから寒い時期にむかってバラケは徐々に軽めにシフトして馴染ませてから戻しでサワリを出させてクワセのみの状態で誘ってアタらせる。そんな釣りをイメージして作ったからPCになったんでないかな?
こないだ釣りした感じではまだパイプでいけそうだけど。

完成が楽しみだ♪

今週末は何をしようかなぁ~。
釣りできんのか??(爆)

今週も

週末は雪予報だったのでタイヤ交換もしてないので性懲りもなくフィッシングパーク清田へ行ってきた。
同じく夏タイヤのしまじろうは路面凍結の危機にもめげず札幌までやってきた(笑)

今日は久しぶりにお世話になっているFさんと一緒にできると言う事でかなり楽しみな日。
8時頃到着して桟橋を覗くと凍ってる(苦笑)
まぁ、予想してた出来事なので気にせず釣り開始。

タックル
竿:一撃MIZUKIRI8尺
浮子:ishiさん作 太パイプのカヤボディ6.5cm
道糸:0.8号
ハリス上0.4号、下0.3号(10/40)
ハリ:上 D-MAX5号、下 喰わせヒネリ3号

バラケ:ペレ匠顆粒60+ペレ匠粉末60+水240+若武者240+鬼武者120+華々120+速攻カッツケ120(基エサ)
クワセ:タピ匠うどん50+水90

エサ落ちは全8メモリ中ウドンを付けて4目盛り出し。
バラケを小分けして手水を打ってベストタッチを一つまみ追い足しした物からスタート!

エサを打ち始めてから30分・・・サワリもない。
「段底か!?」っと思わず口に出した直後に初サワリ・・。
魚は十分寄っているはずなのでバラケが抜けてから縦誘いを繰り返して一枚目をゲット♪
しばらくはその感じで拾う感じだったけど桟橋の霜が落ちたくらいの時間になるとジワジワっと馴染んでドンッ!ってアタリで釣れるようになってきた。
あんまりボソっけの強いエサを打つと遠巻きになってアタリが遅い。
だからといってネバリを強くして小エサを打つとアタリがなくなる。
ちょっと悩んだけど柔らかい大きめのエサを棚までしっかり入れてやると時合ができた。
自分の中では横方向への開きを抑えて棚に入ってからスッと下方向に針ヌケする感じ。

とって行くアタリは明らかな物は除いて深馴染みしたトップ1メモリ残しくらいの消しこみとバラケが抜けてからの縦誘いで出るアタリだけ。
時合ができてしまえば時合は安定・・これがチョウチンセットの強みね(笑)
そこから注意したのは上ズリも下ズリしないように毎回先端の1メモリの半分くらいまで馴染ませる事。
深馴染みさせすぎるとアタリがなくなるし浅いとすぐに上ずる。
大事だったのは左手での馴染みの調節だけだったかな(笑)

結局今日は76枚。
新ベラもけっこう混じったので重量にしたら18キロくらいかな?
これは一日の釣果なので大会なら時間はさらに3時間短い・・。
単純計算で10キロ前後か・・・これじゃ勝てないな。
もっと練習しなくちゃ(苦笑)

しまじろうとFさん、寒い中お疲れ様でした~。

記録の壁・・。

今回はしまじろうとフィッシングパーク清田へ先日放流された新べらを狙いに行ってきた。

前評判によるとガンガン口を使ってくれていたものの最近は冷え込みで少し食い渋りの傾向だとか?
釣り場に着くと追分池で熊ちゃん来道のイベントがあったせいか釣り人は自分達だけ。

今日の目標はフィッシングパーク清田の一日最高釣果!
聞いた話では210枚くらいだとか?
まぁ、目標はでかくもたないとね(笑)

まずは新ベラ狙い!タナ1.8本の両グルから!
竿:朱紋峰 凌13尺
ウキ:ishiさん作PCムク(0.8mm)
道糸:0.8
ハリス0.4(30/37)
ハリ:上下 鬼掛クワセひねり5号
餌:宙グル0.9+ハードルグテン0.1+水0.8

餌は圧での調整が楽な軽いボソ系、浮子は自分としまじろうが絶対的な信頼を置いているishiさん作!)
振り切り気味で打つ・・・15分くらいでアタリがもらえた。
餌落ちメモリを過ぎたあたりでツッっと馴染みが早くなる一瞬の小さい新ベラアタリ。
sinbera

コレが今回の新ベラ!
サイズは35cmくらいだけどすごい体だね・・・何回か竿が水面に刺さった!まるで椎の木湖みたい?(笑)

それからはヘラの寄りが安定してきてトップ根元で5秒くらい揉まれてから馴染みはじめた時の変化でつれ続く。
時間30枚!このペースならイケルか!?っと頑張っていたんだけど、早いアタリを追いすぎて2時間くらいキープした時合が崩壊。
ハードグルテンを0.1増やしてボソなラフ付けをしてもしっかりタナに入るようにして再度馴染み込みのアタリを釣る。
午前中は80枚くらいで終わった。

飯を食って午後からはウドンセット。
新ベラの食いもさほど良くないので旧ベラもターゲットにする。
竿:一撃MIZUKIRI 8尺
浮子:自作 中細パイプトップ ボディ5.5mm径5.5cm
道糸:0.8号
ハリス:上0.4下0.3 (6/30)
ハリ:上D-MAX5号 下鬼掛クワセひねり3号
バラケ:ペレ匠顆粒1+水2+速攻カッツケ180+華々60+軽グル60+ペレ匠粉末30
クワセ:本格派わらびウドン1分包+水120 ラップに巻いて持参

放流によって魚の数は今までの倍以上なのでウワズリを意識して初めから餌は重め。
でも、始めは待ちの釣りになった。
バラケが抜けて2回くらい誘ってツッ・・新ベラが釣れてくる。
最初は弱い吸い込みの新ベラっぽいアタリだったけどその内、旧ベラが寄ってきてカチッ!っとしたアタリで10投で8枚くらいのハイペース!
トップが沈没するくらい深馴染みさせてバラケを抜く、戻してツン!
って感じで2時間フルパワーで釣り込んだ。
午後3時で140枚・・ちょっと厳しいか?

最後は寒くなってきて1mのタナの魚が少なくなってきたので最初の両グルに戻して追い込み!
それでも渋かったねぇ・・・。

結局171枚。
枚数の自己記録は60枚くらい更新した。

でも、前に行った時、午後から90枚以上釣れた湖とを考えるともう少し頑張れたかな?
竿を変えている時間とメシの時間がもったいなかった。
後は時合変化に対応するのに時間が掛かった自分の実力不足・・・今年はもう厳しそうだから来年またチャレンジしようかな(笑)


FC2カウンター
プロフィール

まさき

Author:まさき
12歳の頃、父親からルアーフィッシングを教わり現在はジャンルを問わずいろいろな釣りにチャレンジしています。
魚種は問わず釣れればなんでも楽しい性格なので手段は択びません(笑)
色んな釣りに挑戦中です。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。