スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてさて

明日から道東に行ってきます。
狙うはもちろん、巨大アメマス♪♪
道東の海アメは過去2回挑戦してるんだけれども最大は未だ65cm・・。

今シーズンはお世話になっているコジマクラフトのデカマスさんもすでに、いいの釣ってるし僕もそろそろ特大が釣りたいっす。

今回持っていくルアーの中で本命はコイツ↓
samurai70

SAMURAI70シリーズ左が通常の7cm13g 右が新発売の70HWで7cm17g

僕の少ない経験での話ではあるんだけど、道東のアメマスはけっこう小さいベイト食べてる感じ。
多分、河口近辺にいる7~10cmくらいのウグイだろうと・・・
だから使うルアーも少し小さめ。
140mmとか175mmとか大きいルアーはオオナゴが大好きな日本海の海アメの文化で道東はそれじゃなかなか釣れない。
今年、好調だった太平洋のサクラも120mm~80mmくらいの比較的小さいルアーがよかったみたいだし。エサはカタクチかな!?
やっぱりマッチザベイトの傾向は強い。

SAMURAI70シリーズはボディサイズが小さい分、動きのレスポンスはシリーズ中でも1,2を争うくらい良い。
元々、飛距離は十分だったんだけど、それにウネリ対策みたいな感じでウェイトUPをはかったのが新作の70HWって感じですかね?
太平洋のウネリは強烈ですから・・・活躍してくれそうな感じです♪♪
こーゆう現場に合わせた細かい対応ができるってのがハイドメイドルアーの良いところですよね。

他の一軍ルアーっと言うか過去の釣行でよく釣れたルアーは魚道90ヘビーサーファー、チヌークアワビ17gなどなど。
やっぱりキーは小さめ?ですかね?

何を言っても道東の海は天候が最重要!
とりあえずは天候が穏やかであってくれることを願うばかりです。
スポンサーサイト

新しい引き出し。

日曜日は久しぶりに師匠と釣り。
とりあえず、急遽用事が入ってしまったしまじろうが来れなくなったので一人でぼーっと師匠待ち。
27時間テレビがあるから暇しなかったな♪

師匠到着後、北村のとある沼へ。
今日は初めての釣り、トロダンゴを練習するのが自分の目的。
まずは8尺の浅ダナ両トロロ

竿:一撃8尺
ウキ:花梨パイプトップ2番
道糸:プロバージョンV0.8号
ハリス:ネオステージへら0.4号(30/22)
ハリ:極ヤラズ5号
基エサ:フジッコ根昆布入りトロロ40g+くらこんトロロ30g+水600+ベストタッチ120cc+トロ匠120cc+底釣りダンゴ120cc(前日作り)

まずは基エサ60を水180で戻して華嵐240+速攻カッツケ240
それを手水で柔らかくしてスタート!

ん~ン 開かないけど馴染まない??
ドンドン柔くする・・・そろそろエサ付け困難!?ってところでいい感じになってきたのか馴染む。
2,3回ウケてそのまま消しこみ! いやぁオモシロイ♪

その後は、師匠8尺チョウチンヒゲセット
自分が13尺チョウチンの底。。。マブナだらけ。

最後にもう一度トロロをやってみる。
今度は基エサ60+水180+沈みバラケ240+速攻カッツケ120+浅ダナダンゴ60+底釣りダンゴ60
集魚力と重さを加えて馴染みを良く寄せ負けしないエサになってるはず!

またきちんと馴染みが出るまで地道なエサいじりをしてタナにエサが入るようになったらイレグイ!
師匠なんてヒゲ用の短ハリスでそのまま両トロチョウチンでイレグイ!

んん~ アドベンチャー満載の楽しい一日でした。

一人で勉強・・・

25日

久しぶり?の平日休み。
本当は北村辺りでトロダンゴに初挑戦してみようかと思ってたんだけど、トロロが無い&大寝坊によりあえなく中止。
最近一人の釣行となるとホントに起きれないっすわ(苦笑)
でも、どっかに釣りに行きたいので近場のフィッシングパーク清田に行くことに決定!昼からだと安いしね♪

釣り場に着いたのは昼料金が始まる12時。
現地にて偶然知り合いに会ったので桟橋中央川向きの釣り座に入り隣でやらせてもらった。
とりあえず何やろう?
なんでもよかったんだけど、先日作ったトロ掛けチョウチン用の浮子があるのでその釣りに決定!

竿:一撃8尺
浮子:自作ヒゲチョウチン用
   (細パイプ11cm5.6mm径カヤボディ8cm、1mmカーボン足8cm)
道糸:プロバージョンV0.8号
ハリス:ネオステージへら0.4号(8/17)
ハリ:上(極ヤラズ6)下(スッポン5)
バラケ:ペレ匠顆粒0.5、ペレ匠粉末0.25水1.75+若武者2+速攻カッツケ2+極1
クワセ:極上トロロハード

この微妙なペレットの量は少し軽く仕上げたかっただけで深い意味はなしw
エサ打ちから15分くらいは毎回浮子沈没、それから軽くウケが出始めて一枚目。
この池、上の方には魚あんまりいないみたいで、けっこうエサ打たないと触りもしない。
でも魚はいっぱいいるので10数匹釣ったところからはしゃいで酷い。
ベストタッチで開きを押さえてしっかりエサ付けで対応してトップ2メモリ残しくらいからの消しこみのリズムができた。
こんな感じで適度に釣ってチョウチン終わり。

なんかメーターの方が釣れそうだから・・・・。

続いてメーター両ダンゴ
竿:一撃8尺
浮子:自作浅ダナヒゲ&両ダンゴ用
   (中細パイプ6.5cm、5.5mmカヤボディ5cm、0.8mmカーボン足6cm)
ハリ:極ヤラズ5号(18/25)
エサ:極2+ペレ匠ダンゴ1+浅ダナダンゴ1
その他は同じ。

餌打ってたからかな?3投目くらいからアタル。
バシバシ釣れていたのは始めだけでカラツンが気になってきたので手水と花嵐で調節しながら持ち具合をいじっていくと良くなった。
毎回アタッて2割くらいカラツンって感じだったかな?
これ以上追うとウワズリとの戦いになったのでこの辺りが無難なところだったと思う。
あまりに釣れるのでメーターは1ボウルで終わり。
時間20枚はけっこう余裕だったけど・・・大会でもこうやって釣れればいいのに。

最後は大会で上位に入れるように底釣りの練習!!
竿:惜春13尺
浮子:自作チョウチン&底釣り用
   (1mmPCムク13cm、6.2mmカヤボディ8cm、1.2mmカーボン足7cm)
道糸:将鱗フロロ0.8
道糸:ネオステージ0.4(30/37)
ハリ:極ヤラズ5号
エサ:わたグル1+水1.5

とりあえず上針トントンからスタート。
エサはギリギリ針が隠れるくらいにラフ付け。
底も魚いるみたい・・1投目から釣れた。
3メモリくらいゆっくり馴染んで1メモリ程度のツンアタリ。
10枚くらい釣ってカラツンが気になってきたのでズラシ幅を1cmずつ増やして3cmズラシにしたところでカラツンがなくなった。
馴染み幅は同じなのに馴染みスピードは早くなってきた。
不思議・・・・
アタリも早い!馴染み切ったら即アタル!
4回に1回くらいリャンコだし・・・こりゃスゲェ・・・・
その後は余計に這わせてみたりハリスの長さを変えてみたり、わざと時合を崩すような事も試しながら勉強しました。

底釣りも楽しいわ!
今度はペレ底でもやってみようかなぁ。

久しぶりの一人の釣りは考え深い事も沢山で案外楽しめました。
自ら時合が崩れるまでアタリを追ってみるのって勉強になるなぁなんて(笑)
一緒に釣りしてくれたIさん、色々教えてくれてありがとうございました。





試行錯誤・・・

今年の夏はトロ掛けセットを猛特訓しよう!
そんな気持ちで向かえた夏。

いまだ納得のいく釣りはできてない。
使うのは自分で作った浮きだけ!って決めて挑戦してるのが原因かも!?
なかなか、どうして難しい。

色々考えていると、
・スタンダードに中細の長めのパイプトップのモデル。
・ペレ匠を入れたパワフルな釣りに対応する太めのパイプトップのモデル。
・浮きが入り辛い時やストロークで釣りたいとき用のPCムク。
最低でもコレだけ必要な気がする。

ウドンのセットが好きだからパワー系のモデルは大して苦労なく完成した。
でも他の二つはボツの連続・・・いまいちバランスが悪い。

んで今回試作したのはこの2本!
uki

左、中細パイプ7cm、6.2mmカヤボディ5cm、1.0mmカーボン足7.5cm
右、中太パイプ7cm、6.0mmカヤボディ5cm、0.8mmカーボン足7.5cm
野池のカッツケや管理池のメーター用に作った。
ある程度オモリが乗るボディでジャミをかわして短めのトップで早いアタリを攻撃的に狙いたい!そんな狙いなんだけど・・・。
どうだかね?

まだ塗装もしてなけりゃ上塗りすらしてない(汗)
終わったのは成形と下地処理だけ・・・先は長そうだ。
これで調子よかったらサイズバリエーション作ってみよ♪♪

久々!

週末の天気が悪い予報だったので雨対策が万全ではない自分はフィッシングパーク第6回清田の賞金大会への参戦を諦めて「マスが釣りたい」と言うナオミの希望に答えて渓流へ行ってきた。

川へ行くためにしばらく履いてなかった夏用ウェーダーを出すと・・・劣化して割れてるし(泣)
今年の夏はネオプレーンで通すか・・しょうがない。

そして今回の釣り場の条件は!?
・熊が出るところは嫌!
・釣り場まで遠いところも嫌!
・ウェーディングがキツイところは嫌!
こんな条件で釣り場を考えるとけっこうキツイ・・・。

とりあえずは、自分が昔親父によく連れて行ってもらった道央の川へ。
渓流とはどんな釣りか!?をナオミに延々と説明しながら目的のポイントへと繋がる交差点を曲がったその時。
「道路陥没のため通行止め」のゲート。
ありえない・・・・
しょうがなく、ナオミに無理矢理了解をとり過去に自分が熊に遭遇した事があるポイントへと向かう。
「地崩れのため通行止め」
・・・・・・俺、何か悪いことしましたか?ってくらいついてない(泣

妥協に妥協を重ね、川へと降りられる場所を探し入釣してみたけど、時折小さなヤマメとウグイがチェイスしてくるだけで本命のニジマスの姿はなし、ってか川底には泥と滑る藻がビッシリで死んだ川って感じ。

初めてのニジマスを楽しみにしていたヤツは若干しょげていると言うか切れているので、自分のプライドを掛けて激Uターン!
夕マヅメに間に合うようにと急いで地元の川へ!!

午後5時頃到着したのは、義務教育の時から遊んでいた川、ここなら間違いなく釣らせられるはず!
でも、フライで攻めたほうが圧倒的に釣れる川、小場所の連続であんなとこ投げられるかな?なんて不安もある。

とりあえずは見本がてら自分がやってみる。
ルアーはチップミノー4S緑金。
ルアーを通せる時間わずか2秒ほどの小さな落ち込みだったけど1発で20cmくらいのニジマスが出てきてくれた。
ナオミも初めて見るその魚体に感激しているのでとりあえず一安心。

その後は自分じゃないと攻められないような小場所が連続するのでナオミは見学にして自分だけ楽しむ(笑)
niji1

型はパーマークばっちりの小型ばっかりだけど、ちゃんと1発でアプローチできれば殆ど釣れるから楽しい。

そして、やっと大場所がまわってきた!
keiryuu1

ここはスピナーか?っと思いTWを一瞬手にとったけど圧倒的にミノーに反応が良いので投げれるか投げれないかは別にしてミノー。
バフェット45Sオレンジ金!自分が一番好きな色。
そして奇跡的にナオミが一発でキャストを決めて即ヒット(笑)
残念ながらネットを持ってきてなかったので写真を撮る前に逃げられちゃったけど、記念すべき初ニジ♪
ギャーギャー言って喜んでる(笑)

その後、ナオミに2匹目は釣れなかったけど、満足してくれたみたいなので今日は終了。
たまにはこんな釣りもいいかも♪♪

久しぶりに来た地元の川はかなり変わっていて入釣場所がわからなく少し混乱でした・・・昔は自分が毎日言ってたから道があったんだな(苦笑)

タックル
ロッド:TIFA テクニカルスティック56UL
リール:大森製作所 ダイヤモンドSuper7ss
ライン:バークレイ トライリーンXL3lb
ルアー:チップミノー4S、バフェット45S、アグリアTW?

ボートゲームでのネット

ずーっと思ってるんですが
ロックフィッシュのボートゲームで船に常備してあるネットって網目が大きくて使い辛いですよね。
魚のダメージ云々もあるんだけど、魚釣るたびにネットにシンカーやらジグヘッドがグルングルンに巻きつく。

自分もそうだったけど、大体あれで船酔いですよ・・・。

最後までテンションかけてサクっとネットから魚が出ればいいけど、テンション上がってきたらそんな事忘れちゃうし。

あれがラバーネットだったら・・・
そう思うことありませんか?多分全然絡まないと思うなぁ。

みんなで船長に呼びかけたら用意してくれないべか!?
たいした高い物じゃないんだし。
それなら自分で買って持って行け!って話かもしれないけど(苦笑)

北村!

今週の連休は迷うことなくヘラブナ釣りへ!
ニューロッドに魂を入れなくては。

15日(日曜)
とりあえず、しまじろうの仕事が終わる時間に合わせて月形の皆楽公園へ。
今日は、日研の団体戦の予選?だかがあったみたいで月形は100%に近い混みっぷり!キャンプ客の数も半端ではなく厳しいのは目に見えていた。
でも、せっかく来たので期待薄ではあるが空いてるポイントに陣取り釣りをしてみる。
ニューロッドに浅ダナの両ダンゴでやってみるが、やっぱりダメ。
っと言うか1ボール打ってアタリもサワリもない(汗)
大会&連休&長竿のなかやっぱり無理だった。

続いて場所を北村のヘラブナ公園に移す。
でも・・・・・・北水クラブかな?例会・・・

ここは釣りもしないで移動!
次はすぐ隣のふれあい公園に来てみた。
fureai1

満員のキャンプ客と満員御礼の貸しボート軍は少し気になったけど、釣り人は1名、ここでやってみようって事になった。
なおみは釣れるかわからない場所でやるのは嫌&「ゼルダの伝説DS」をやりたいから車で待機。
しまじろうと二人で釣り開始。

タックル(タナ1本の底釣)
竿:一撃12尺
浮子:自作細パイプトップ9cm、カヤ5mm径ボディ9cm、竹足4cm
道糸:将鱗プラス0.8号
ハリス:ネオステージ0.4号(25/19)
ハリ:D-MAXマルチ 5号
エサ:底釣りダンゴ1+水1.5+ペレ匠ダンゴ2+ベストタッチ1+浅ダナダンゴ1

正直、めったにやらない底釣りのエサなんて良く分からない・・。
とりあえず今回は野釣り&浅場なので上ずりよりも寄せを重視して少し軽めで開かせ気味に作ってみた。
ハリスもジャミに襲われるのが恐いから短めで(汗)
ズラシ幅は3cmくらい。さて、どうなるか?

fureai3

しまじろうはカッツケのトロ掛けでスタート。
エサ打ちから暫らくは馴染む前にウグイに食われる状況が続いたものの、30分前後打ったところで安定して3メモリくらいの馴染みが出せるようになってきた。
それから10分後くらい経って馴染んだ直後のツンで1枚目。
野釣りで麩エサの底釣りは始めての挑戦、正直かなり嬉しい1匹だった。

その後、小さいコイ混じりではあるものの、ポツポツ釣れてくる。
だけど、野釣りにしてはアタリが弱い・・・・。
ここでパンチを加えてやろうとペレ匠粉末を一つまみ入れてみる!
すると、馴染んですぐに1メモリくらいのはっきりしたアタリで釣れるようになってきた。
いい感じか!?っと思ったら今度はエサが開き過ぎ?馴染みがまばらになり、練りこむとカラツンだらけ。

エサを変えてみる。
底グルダンゴ1+ペレ匠粉末0.5+水2+ペレ匠ダンゴ2+ベストタッチ1+浅ダナダンゴ1
今度は最初から粉末を入れ、更にエサ持ち強化のために底グルダンゴを、底グルダンゴはもわっと膨らむのでカラツンも減るかな?って考え。

しまじろうは睡魔に襲われ休憩に行ったので自分一人。
とりあえず大きめのエサをテンポ良く打ち返しサワリが出始めたらパチンコ玉くらいにして打つ。
底にヘラが集まってきたのかスーッと馴染む、そして1メモリ返したくらいでカチッ!っとアタル。
コレが自分が出したかったアタリ。
その後も同じアタリでどんどん釣れ続く、型も30cm前後といい感じ♪
時間はかかったけど、底釣りの時合が作れれば後はオートマチックに釣れてくる。
非常に簡単♪コレが大会で勝ってる人の底釣りなのかも?
最大で時間15枚くらいの時合が作れました。
キーはペレットだったかな?絶対的な集魚力のあるエサでヘラブナの寄りをキープってのが大切だった気がする。
管理池だと上ずってダメになるんだろうけど・・・・。

そうこうしているうちにしまじろうとナオミが来たのでしまじろうに底釣りを軽くレクチャーして、自分の釣座はナオミに。
fureai2

途中、風に乗って貸しボートが何度も自分達の前まで来て時合を作るのはなかなか難しかったみたいだけど、二人ともポチポチって感じ。

最後はマッシュ系の底釣り、グルテンの底などを試してみたけど、マッシュだとヘラの寄りをキープできなくていまいち時合ができないし釣れてくる型が小さい。
グルテンは軽めだから上の方でジャミに抱えられてコチャコチャになるし最後はマブナの嵐。
今日は偶然にも麩エサの底釣りが一番決まったんだね♪

大会、例会、貸しボート・・・人災に悩まされた1日ではあったけど、トータルしてみたら50枚は釣れた!
頭フル回転で頑張った一日はけっこう楽しかったな。

ニューロッド!(竿?)

今日、ニューロッドが我が家にやってきた!

そのロッドと言うのは・・・・
去年からどっぷりはまっているヘラブナの竿
itigeki

ダイワ 一撃MIZUKIRI 12尺

ちょっと早めの誕生日プレゼントと言う事でサプライズ的に買ってもらった♪
やった~!
この竿は8尺、9尺と持っているんだけど、株理論搭載の先調子。
カラーもしかり、アクションも少しルアーロッドに似ていて凄く気に入っているシリーズ。
なんと言っても名前の通り「ビシッ!」っと高速のアワセが決まるのがたまらない♪♪
柔らかい竿でゆったりと楽しむヘラブナ釣りもありなんだろうけど、自分はギラギラと犯罪でも犯しそうな目で浮きを睨みつけてってスタイルだから、こーゆー竿が好き。

これで明日の休みは月形の皆楽公園に決定!
明日はなにやら大会が一つ入っているらしいから全体的に喰いは渋るだろうけど・・・おもしろいじゃない!
久しぶりのヘラブナ、楽しみだなぁ・・・・・



ボートゲーム!

前回少し触れましたが、先日行った初の室蘭ボートゲーム。

何度となく写真を見たり話を聞いたりはしていたのでイメージはできていたんだけど、実際に乗ってみると豪快な場所あり!テクニカルな場所ありでかなり楽しかった。
ボートゲームと言えば他にも苫小牧や石狩、白老なんかに行ったことはあるけど、室蘭は多種多様なポイントがあり実に攻めがいがあるフィールドでした。

前半のポイントは岸から続くテトラやガレ場。
ここで活躍してくれたのはパルスワーム、バタフライクロー、ビースト、セイバーテールの4種類。
まずはバタフライクロー+5/8ozのテキサスで豪快に探る。
このワーム、まともに使ったのは今回が初めてだけど、ファットなボディで増強された水流が手の動きをよりいっそう高めてくれるみたいでアピール力抜群!
ボトムバンピング~スイミングまで用途を問わず釣れました。
自分的にはある程度重たいリグとの組み合わせがGOODみたいね♪

続いてビースト!
コイツは幅広ボディからなるユラユラフォールでのアピールが良かった♪
狙ったポイントに落ちれば大体ファーストフォールで勝負が着くのでフォローベイトみたいな感じで使いました。
1/2ozのテキサスで♪

そしてセイバーテール。
これは今回、メーカーさんに聞いて初めて知ったんだけど、サムライホッグの手をとったワームだと思ってたら違うらしい(汗)
ボディが若干スリムな事から水流の効果が少し違うらしくサムライホッグと比べると少しおとなしい動きになるとか!
こいつはピンポイントでビーストと同じくフォローベイト的に使って効果的だった。

最後にパルスワーム。
ド・定番のこいつはアウトサイドにクルージング気味になっている魚をジグヘッドで♪
やっぱりスイミングの釣りは面白い!
ちょいドラッギング気味に泳がせてドン!ってあたりは病み付きでした。


っと言った感じで今回はガラにもなく色んな種類のワームを使ってみた。
ここのルアーの特性を考えながら釣りを組み立てていくのも楽しいですよね♪♪

でも、今回軽くショックだったのだ最近軽くロックフィッシュ離れをしていたためかキャストのアキュラシーががた落ち(汗)
穴の奥に!なんてキャストがなかなか決まらない・・・。
これはまずい!練習しなくては・・・・。

ちなみに。
seikwa

携帯を見ていたら一緒に撮ってもらった写真が入ってた!
いい記念になりました♪♪

室蘭ボートゲームタックル

1、テトラ用ヘビー
ロッド:ロックスウィーパーRC-702EXH
リール:REVO STX-HS
ライン:バニッシュ17lb

2、テトラ用ライト&スイミング
ロッド:ロックスウィーパーRC-672MH
リール:REVO SX-LHS
ライン:バニッシュトランジション12lb

3、スイミング
ロッド:ロックスウィーパーRS-6112M
リール:カーディナル802
ライン:トライリーンXT8lb

ん~室蘭・・・また行って見たいぞ・・・・
  

「猿番長!関和さん」&自身初室蘭流し。

7/8 土曜日

この日はなんと!
バスプロの「猿番長」こと、関和学さんがRFTのために北海道に。
そして僕はサポート隊として関和さん初のロックフィッシュゲームのボートに乗ることに。

釣りビジョンで見ていた関和さんと一緒に釣りができるなんて夢のよう♪
でも!ぶっちゃけた話!
僕はサポート隊ではありますが、室蘭のボートは初めてだったり(爆)
カーブフォールの鬼だけが頼りです(笑)

んで、肝心の内容なんですが、どこに許可をとった訳でもないので今はあまり書かないでおきます。
写真も勝手に掲載していいか、わからないのですが・・・
sekiwa

こんな感じで爆釣してました!!
まぁ、僕が撮ったんだし・・・後姿くらい、いいよね(笑)

んでここからは僕の感想。
一緒に釣りをさせていただいて驚いたのは、キャストなど基本的な技術がすごいってのもありましたが、なんと言っても適応力の速さ!
時間が経つにつれて関和さんの口から飛び出すのはすべて完璧に的をえた事ばかり。
まだロックフィッシュを釣り始めて30分くらいでですよ!
やっぱプロってすげぇっす。

僕が自分の目で見て参考にさせてもらおうと思ったのは前夜祭でもお話していた「ダウンショット」の使い方。
自分がロックフィッシュをやっていてダウンショットってのは一番使わないリグなんですよね。ヒラメを除いては・・・。
でも関和さんは縦ストで多用していました。

なんでか分かりますか?

理由を聞いて思わず「あぁ~~~!」っと思ってしまいましたが、ジグヘッドやテキサスってのはワームの進行方向にラインが結んであるので縦ストにタイトにアプローチしたくてもどうしてもラインのテンションに引っ張られてカーブフォールしてしまう。
でも、ヘビダンの場合はシンカー先行で落ちていくので、それがかなり軽減されるとの事。
自分で実際に見た僕としてはかなりのカルチャーショックでしたね。
これから練習してみたいと思います。

まぁ、他にもためになる話はたーっくさんありましたが、それは前夜祭に出た人の特権と言う事で(笑)
※僕はRFTの回し者ではありませんので(笑)

いやぁ~、でもこの日は貴重な時間を過ごす事ができ、丸1日寝てない事も忘れて楽しんでしまいました。
ほんと!勉強になったなぁ、楽しい一日だった!

RFT!

今晩から室蘭に向けて出発!
明日は、朝からボートゲームをやってそれから前夜祭。
明後日は大会!

さて、準備準備。

ボート用にいつものVS3080、大会は小さなウエストポーチ1個で!ってのが今回の予定です。
沢山持っていくと心のゆとりは生まれるけど、行動力に欠ける・・・。
まぁそんなに沢山の種類のワームは使わない予定でウェストポーチに詰め込んだワームはこいつら↓

・サムライホッグ3”
・パワーバルキーホッグ3”
・パワーホッグ3”
・バスミノー3”
・SWパルスワーム4”
・ガルプ!クロウ3”
・ガルプ!シュリンプ2”
・ガルプ!スイミングマレット3”
・ガルプ!パルスワーム4”
・ガルプ!サンドワーム6”

以上のワームを各1~2色ってのが今回の武器。

カラーは緑系と黒系、そしてラメ系少々って感じかな?
完全に守りの釣りではありますが、攻めの釣りがしたくなったら重たいシンカーを使って対応、その程度だと思うんですよね。
大会でBIGワームって釣れた事ないし・・・・。
シンカーはジグヘッドが1/8~3/8、バレットが3/16~1/2
量も最小限に抑えて今回は動く釣りがしたいってのが本音です。

ぶっちゃけた話、他のワームが欲しくなったら・・・知ってる顔に・・・ってそんなに世の中甘くないか(苦笑)

みなさん、大会でお会いしたらよろしくお願いします。


 

水面炸裂!!

まず、最初にリンクにシェフさんのブログ「ラ・サリータ」を追加しました。
小樽の天狗山?たしか天狗山の麓にある洋食屋さんの釣り好きシェフさんのブログです。
僕はオムライスが大好きです♪♪

んで、今回は!
シェフさんから「釣り行かない?」という電話が来たので久しぶりの平日休みに暇を持て余していた僕は一つ返事でOK!
シェフさんの車に便乗して夜の沼へとくり出しました。

狙うは、まだいまいち納得のいく結果の出せていない「ナマズ」!!
久しぶりに一緒に釣りのシェフさんなので話は尽きずあっという間に目的の沼。
最近、少し肌寒い日が続いていたんだけど、今日は暑い。
日中は久しぶりに25度を越え、虫も沢山飛んでいかにも釣れそう♪
自分だけかもしれませんが、淡水の釣り場って釣れる日は釣り場についた瞬間に魚の匂いしません?
この日は魚のにおいプンプン!どーやらシェフさんも同じ感覚の持ち主らしく匂いを感じ取っておりテンション上げ上げです。

まだ明るい午後7:30とりあえずは早い時間に実績が高い場所から。
岸際をキャストしながらジワジワ進んでいくとシェフさんのバトルウェーブに「バッッコ~ン!!」ってファーストバイト!
でも完全外しだったみたいで・・・でも否応にも期待感は膨らみます。

それからもシェフさんにはバイト連発でいい感じ♪
僕はと言うと、キャストしてルアーを変えようか?って後ろを向くとバコッ!って感じでナマズが跳ねる?
「くぅぉの野郎! バカにしやがって!!」って感じで自分はサブエンジン全開(苦笑)
ナマズ釣ってると自分の精神状態を安定させるのは難しい・・・っす。

そしてランガンして進んでいくと〇浜隊長から電話が!
ナマズにバカにされ、〇浜隊長にもバカにされ・・・サブエンジン全開フル回転の心で電話しているとシェフさんのアタリでいい音!?

やっぱり釣ってました!
nama1

さすがはナマズハンター!っと行ったところでしょうか?
今までバイトがなかなかなかった実績の低いポイントではありましたが、今日は・・・って野生の感でたたき出した55cm!
nama2

自分は釣れたことないけどバトルウェーブって釣れるのね(汗)

1匹目を釣り上げ、プチまさきファースト気味にいいポイントを譲ってくれるシェフさん。
ここは釣らなくては!
サブエンジンフル回転の自分は即、バトルウェーブに!
自分が釣ったことないルアーなのにもかかわらず・・・これがサブエンジンです(爆)

まぁ・・・釣れるわけもなく・・・

正気を取り戻していつものジッターバグCF5/8のルミナスを投入。
バゴン! 一発食いでしたね(汗)
nama3

40cm チョット小さいけど、ナマズはサイズじゃない!
出る時が楽しいだよ・・・・ 

やっぱり自分にはこのルアーがあってるみたい?
巻くスピードとアクション!人によって4番ルアーは違うもの。
僕にはド!定番のジッターバグなんですね♪

それから更にランガンを続けますが反応は乏しく、最近僕が足しげく通っている開拓中の沼へ!
ここは去年の秋にヘラブナを釣っていた時、釣れない事に腹を立てた僕がエサをブン投げたら小魚が沸き・・・そこにエサを打ったら70cmのナマズが釣れちゃった沼。
シェフさんと来たら釣れるかな?っと思ってきてみたのですが、今日は生憎の強風・・・。
何度かバイトはあったものの、活性はいまいちで今日のところはコレにて終了!

あ~! でも楽しかった♪
また、暇があったら誘ってくださいね!

タックル
ロッド:パームス フレイムFDGC-664
リール:カルカッタコンクエスト101
ライン:トライリーンXL16lb
ルアー:ジッターバグCF5/8oz、3/8oz、バトルウェーブ、との、POPMAXなどなど。



ぶっこみ!!

今回は待ちに待った!
バークレイの「キャットフィッシュチャンクス」が手に入ったので悪友のしまじろうと友に近くの沼へ♪

まずはジッターバグ5/8やバトルウェーブで探ってみる。
今回来た沼はヘラブナでは有名なものの夜になると人は愚か、街頭一つない不気味な場所・・・。
正直一人では絶対来れない・・そんな時こそしまじろうが役に立つ(爆)

昨日は足元、というかピックアップ寸前にバイトが出たので今日は際を中心に攻めるがバイトなし。
破れかぶれに沖に遠投してみると激しく水面が割れるが1回きり・・。
沖で出るって事はエサを追って回遊モードに入っているような気はするが、気温は12度・・連続バイトしてくるような活性は皆無に等しい。

そこで登場させたのがキャットベイトチャンクス!
バークレイから発売されているキャットフィッシュ(ナマズ)専用のペレットみたいなエサで今回手に入れたのは「フィッシュ」という魚のフレーバー?のもの。
匂いは・・・ドッグフード2+カロリーメイト1+パワーベイトインショア1って感じでけっこう強烈。
投げ釣りなんて僕の長い釣り人生で一度もしたことないので仕掛けは適当。
ブラスシンカー1ozにサルカン、それに3号のハリス20cmくらいにコイ針15号といった一般的な誘導式?
とりあえず投げ込んでみる。

三脚なんて持っているわけもないので胡坐をかき、股にロッドを立てかけまつ!
5分後・・・僕の股に強烈なバイトがっ!!(爆)
慌ててあわせたためか・・・乗らない。

針がでかいのかな?やったことない釣りだけに解決策も見つからず。
それから強烈なアタリは何度かあるもののフッキングには至らず、目に見えない何かに脅えて退散となりました。

ナマズのエサ釣りってやったことある人います?
誰か、基本を教えて・・・(泣)
FC2カウンター
プロフィール

まさき

Author:まさき
12歳の頃、父親からルアーフィッシングを教わり現在はジャンルを問わずいろいろな釣りにチャレンジしています。
魚種は問わず釣れればなんでも楽しい性格なので手段は択びません(笑)
色んな釣りに挑戦中です。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。